メインイメージ

手続きと地方税

合同会社設立の手続きと地方税


合同会社設立をするには様々な手続きを行う必要があります。そもそも合同会社はかつての有限会社に替わるものとして存在感を増してきており、ここ数年でその数を急激に増やしている実態があります。

合同会社設立のメリットはそもそも合同会社設立費用が諸事安いこと、運営費用いわゆるランニングコストが安いこと、株式会社と比べて利益分配や経営の自由度が高いこと、資金調達の幅が広いこと、社債発行が可能な以外にも創業時の金融機関などの融資の審査などで株式会社と比べても不利になることがないこと、株式会社と国税、地方税ともに税制が同じため節税ができることなどが挙げられます。

逆にデメリットは世間一般にあまり知られていないために国内での知名度が低いこと、どうしても有限会社の代替というイメージがあり合同会社が株式会社よりも地位として下という認識の人が多いこと、この合同会社では基本的に社員全員が出資者であり業務に関する執行権を持っているため、社員全員の間で意見などの対立が起きてしまうとその調整などで苦労してしまう可能性があることなどが挙げられます。

合同会社設立の際にはこうしたメリットやデメリットを考慮して、これから立ち上げる事業を行う上で事業を継続して行うことができるかどうかをしっかりと考慮してから実行する必要があります。

特にデメリットとしてある社員全員の間で意見対立が起きてしまった時に調整する人がいない場合には特に苦労することになりますので、調整役としての役割がしっかりできる人などを雇用するなど、対応を考えておく必要はあります。

合同会社設立に向けて定款の作成やその定款の提出などを行って法務局での登記申請が終わった後、その登記が認められれば合同会社設立に関係する手続きは一応終了となり事業をスタートすることができますが、会社設立により国税や地方税に関係する届け出を行う必要があります。

国税特に所得税や消費税について、法人設立に伴ってその届け出を行っておくべきとされる場合について最寄りの税務署に連絡を取ってどういった書類が必要なのか確認の上でしっかりと適切に届出を行っておく必要があります。

都道府県や市町村などの地方税については最寄りの地域を所管する都道府県税事務所や市町村役場の税務担当課に、法人を設立したことを伝えて何らかの手続きが必要なのかどうかを確認したのちに、必要があれば関係書類を添えて届出をする必要があります。

最近の投稿