メインイメージ

一般社団法人の違い

合同会社設立と一般社団法人の違いなどについて


合同会社設立のメリットとしてはいろいろありますが、まずは個人事業主よりも社会的信用が高いことが挙げられます。社会的信用が高いということはそれだけ金融機関などからの借入金いわゆる借金の申し込みの審査が通りやすくなるメリットがあります。また、仕事をしていく上でも個人事業主よりは信用が得られやすいというメリットがあります。

この合同会社設立によっても、有限責任であることもメリットの一つです。合同会社の社員は出資額に応じた責任を負いますから、個人事業主のように無限の責任とはならず大きなメリットであるといえます。

設立費用が安いことも大きな特徴です。特に株式会社設立の費用と比較した際におけるメリットとなります。合同会社設立においてもその後の変更においても合同会社の定款は公証役場での認証を受ける必要がありませんので、手間が一つ省けると同時に登録免許税も6万円と比較的安くなっています。結局のところ、定款に貼る印紙代が4万円でありあとは登録免許税の6万円をあわせた合計約10万円で設立が可能です。

株式会社設立の場合には24万円かかりますので、株式会社設立よりは合同会社設立の方が法人発足時の費用を抑えることになります。設立におけるその参加人数は合同会社設立の場合は最低1人からでも設立が可能です。一人でなくても複数人で設立した場合でも合同会社内部の組織設計は自由に決めることができます。

また、株式会社とは大きく異なり利益配分も出資額に関係なく決めることができます。結局のところ合同会社が社員一人一人の人的なつながりを大切にしてこれらを中心に設立、運営されることを前提としているからであるとされます。

こういった合同会社設立と一般社団法人については、たとえば介護事業などを行う際にその経営規模が全く異なることが予想されます。また、一般社団法人は人的つながりよりも組織を重視していますから、たとえば組織においては配置が必須となっている監査人などによるその経営状況をしっかりと監視する体制も必要となります。

また、一般社団法人の場合は理事1人以上での設立は可能ですが、設立に必要なその組織に所属する人員は2人必要となります。かつての社団法人は公益性が非常に重要視されていたため、公益性に見合わないと判断された場合は設立ができませんでした。
しかしこの一般社団法人や一般財団法人は公益性の有無にかかわらず設立できる点が変更となっています。

最近の投稿